Wifiの電波が届かなければ中継器を使う方法も

Wifiは親機と子機を同一のフロアで使用するならばほぼ気にする必要はありませんが、壁を挟んで隣の部屋で利用したり、階を跨いで利用する場合には速度が落ちたり途切れやすくなるなど不安定になってしまうケースも少なくありません。
そんな時のソリューションとなるのがWifi中継器を利用する方法です。

Wifiの中継器の補足説明を致します。

親機と子機の間に中継器を設置すれば親機本体のスペックの限界を超えて遠くに信号を届けることが可能です。専用の機器以外にもWifiブロードバンドルーターのモードを切り替えて中継器として機能させられるものをはじめ、コンセントに差し込むアダプターと一体化したものやUSB接続のアンテナの形状をしたものなどさまざまなシーンで利用できます。単にWifiの信号を中継するだけのシンプルな機種の他にもさまざまな便利な機能が追加されたハイエンドモデルもあります。



リピーター機能ではWifiの信号を増幅させてより安定性を高めることができ、デュアルバンド接続機能を持つ機種では、例えば親機が5GHz帯でしか通信できなくても中継器は5GHz帯と2.4GHz帯の両方の周波数帯を利用できるため、親機のみでは不可能だった複数の周波数帯の機器を同時に利用できます。


ワイヤレスコンバーター機能を搭載した機種では親機が5GHz帯のみ対応で子機が2.4GHzのみ対応だった場合でも中継器がコンバーターとなり、2.4GHz帯の子機でも5GHz帯の親機のネットワークに接続させることができます。