無線LANの通信関連機器の比較

インターネットの普及は私たちの生活を激変させました。

通信関連のインフラを通じて、メールのやり取りをしていた黎明期から、現在のようにeコマースと呼ばれる商取引や銀行での預金管理はもちろんのこと、動画配信や放送との融合や各種法的手続きなど多岐に渡って、人々の生活を支えています。今や、水や空気や電気やガスと同様に無くてはならない存在になりました。屋外でインターネット接続するためには、スマートホンやタブレットを携帯電話会社が提供する4Gネットワークを用いています。これには多くの通信関連企業による技術革新の賜物です。

家庭や企業でインターネットを利用するためには、引き込んだ光ファイバーを光モデムで受けた後に、ブロードバンドルーターとモデムを介してパソコンやスマートホンにて利用をします。デスクトップパソコンであるのならば有線LANで、ノート型やスマートホンやタブレットでは無線LANにて接続することが多いです。

有線か無線かの比較は、モバイルデバイスなのかと固定して使用するのかや、外部からの傍受の懸念などの差であって、その比較した結果で方式が決まってきます。無線LANにもさまざまな方式があり、通信関連の比較サイトでも取り上げられています。電波の周波数によって分ける方法と、伝送方式や暗号方式で分ける方法があります。これらを比較すると一長一短が見えてきます。無線LANの電波の周波数では2.4GHzと5GHzとがあって、混信しにくいのは5GHzです。伝送方式ではIEEE802.11規格の11nや11ac規格があり、暗号方式ではWEPやWPAなどがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *