通信関連の無線LANでは容量を比較して利用しよう

近年の無線LANは規格をどんどん変化させてさらに進化させてきていますので、安定した通信速度を提供できるようになっています。

しかし、ひとつだけ通信速度に関して注意をしておかなくてはならない点が存在します。それは利用量を使いすぎてしまうと通信速度が非常に遅くなってしまう可能性が存在することです。無線LANというのは通信関連でも有線のようにLANケーブルをデバイスにつないで利用するわけではありませんので、電波の受信環境によって不安定性が増してしまうという可能性があります。無線LANは安定しているとは言っても、必要な容量の範囲内でしか安定させることができません。それをオーバーしてしまうと通信速度が非常に遅くなってしまう可能性があるわけです。

有線と比較して無制限に利用できるわけではありませんので、サービスを提供している方も一定の範囲内でのみデータの送受信をできるように工夫をしているわけです。現実的に見ても、例えば一か月間で10GBのみ利用することができるサービスを提供している場合には、その範囲内でしか高速な回線を利用することができないという制限が存在します。

では、有線と比較してこういった容量を超えてしまうとどうなるのかと言うと翌月にならない限りは利用できるデータ量が増えないようになっています。通信関連でも有線回線と比較して非常に使いにくくなってします。ですから、通信関連のサービスを自分が1ヶ月の中でどの程度必要とするのかなどを考えてから無線LANのサービスを利用するように心がけなくてはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *