通信関連の無線LANで速度を確認する

無線LANの電波は基本的に親機から離れて距離が開くほど弱くなる性質があります。

例えば3LDKの間取り対応のモデルを利用して部屋の隅まで電波が届いたとしても、反対の隅では電波が弱く全く使い物にならないケースも確認できます。通信関連の無線LANで速度が半径数メートルで計算されているので、部屋の中心に設置しない限りエリアから外れてしまう部分が出る可能性があります。親機から離れている部屋で高速通信をしたいという家族の希望があれば、電波のより強い比較的値段の高いモデルを選択が必要です。

ビームフォーミングという新しい機能では、通信関連の親機が子機の位置を判断しつつ、最適な電波を届けることができる画期的なシステムになっています。速度を向上したり安定させることによって、家のどこかでスマホを使用していてもその位置を親機が探し出すという方法になります。そこへ電波を集中して届けるので少し離れている部屋にもしっかりと電波が届くという結果です。通信関連の利用にあたって、子機も対応が必要になります。

最新の規格であるメッシュネットワークは、広い家でも快適にインターネットライフとなるように注目され始めています。無線LANの中継機を利用して通信できるエリアを増やすことが、これまでもできていましたが中継機には届いた電波をそのまま遠くに飛ばすことに限界があります。設置したルーターを介して、速度を落とさずに電波を受け取ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *